• 開催済
      • 10月4日(水) 13:00~15:30
  • 【夙川】花咲く阪神間モダニズム、カトリック夙川教会&旧山本清邸を拝見
    ~建築文化の粋を集めた和洋館、夙川のランドマーク・荘厳な大聖堂まで~

  • 兵庫県西宮市

阪神間を代表する住宅地「夙川」。
大正時代より佳良な地として、
財界人たちがこぞって豪邸を建て、
今も数多のモダニズム建築が
街を彩っています。

まずは、夙川のランドマーク、
カトリック夙川教会へ。

ネオゴシック様式の大聖堂。
荘厳なステンドグラスに、
エキゾチックな尖塔。
その優美な姿は、
どこから見ても飽きることがありません。

そして、和と洋を
近代的なセンスで融合させた
名建築、旧山本清邸を拝見。

ハーフティンバーの玄関、
イスラミックタイル。
上質な素材と、秀逸な技術。
美意識の粋を集めた邸宅は、
まさに圧巻です。

大正時代に花咲いた「阪神間モダニズム」。
2つの名建築をじっくり堪能しましょう。


ガイドさん

  • 二村盛寧 さん

    京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員。京都検定マイスター。寺院建築等にみられる「敷瓦」を多角的に考察するなど、研究活動を行う。「ヴォーリズ建築の広告塔」を名乗る。

    担当コースを見る >

開催日時
2023年10月4日(水)13:00~15:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
阪急「夙川」南改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:1.3km】阪急「夙川」駅 → カトリック夙川教会(内部) → 旧山本家住宅(内部) → (解散) ※靴を脱いで上がる場所あり
参加費
4,500円(消費税・保険料込)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky23d104

▲ ページ上部へ